食事療法の取組みに関して
記しておきます。

今現在、良いコトは分かっているけど
実行出来ていない事がいくつかあります。

びわの種の摂取です。

枇杷の種は、毎日枇杷の実を食べては
種を取って、天日干ししている処です。

遠赤ホットパックをする際に
枇杷の葉エキスを使っていますが、

実は枇杷の葉よりも枇杷の種に
アミグダリン(ビタミンB17)という成分が
1300倍も含まれていて、この種を
食べると、効果が得られそうなのです。

試しに枇杷の実を食べた時に、
一粒種をかじったのですが、
苦くて気持ち悪くなってしまいました。

とても生では食べられませんでした。

通常、種は乾燥して砕いて
粉末にして摂るそうです。

あとは、枇杷種焼酎として
漬け込むようです。

なので、現在溜めた種を
天日干ししている最中です。

よく乾燥したら、
その状態で食べられるか試してみます。
ダメなら粉末にして水で飲むことにします。

枇杷は、よく癌治療に使われていますが、
当然リウマチにも有効らしく、
他にもほぼ万能の健康薬として
使われているようです。

出来るだけ多くの種を摂れる様に、
季節が終わるまでセッセッと枇杷の実を
買い込んで、食べる日々が続いています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark