リウマチ診断迄の記事一覧



20日に受けた血液検査の結果は、
翌日の午後には判ると言われていたが、
以前からの重要な予定があったので、
一日置いての受診となった。

仕事は休むのを連絡していないが、
通常は翌日の現場のリーダーが
メンバ―に連絡しているし、
仮に予定のメンバーが集合時間に
来なければ、遅れか寝坊か休みかを
誰かが電話して確認する。

昨夜も今朝も連絡が無かったから
私の予定は組まれていなかったようだ。
(と、勝手に思い込んでいた)

後日、この連絡なしは親方のワナだと
知るのだが、この日は痛みで、
仕事の連絡など意識の外に飛んでいた。

そんなことは横に置き、
検査結果に話をもどす。

結果を効くために90分ほど待って
ようやく呼ばれた。

血液検査結果を医師は見つめ、

リウマチですね

さらりと告げた。


整形外科ではお馴染みの病名なのだ。


だが、私にとって、思いも掛けない結果だ。

リ・ウ・マ・チ って???

お婆さんの病気じゃないか?

どんな病気じゃ??


更に医者はさらりと云う。

「薬出しときますから、次は2週間後」

患者を見ずに、PCのモニターだけ見て、
カルテを打ち込んでいる。

最後に血液検査結果の紙を渡されたので、
どれがリウマチを示唆する値なのか
確かめた。

【RA:25】リウマチ因子 陽性

不思議な事にCRPは0.01(炎症反応は無い)

取り敢えず、今日は薬局で
処方された薬を買って帰った。

薬局で飲み方と注意事項を聞いた。

抗リウマチ薬リウマトレックス
薬名は抗リウマチ薬リウマトレックス

非常に強い薬で週に2日だけ服用する。
木曜の朝と夕、金曜の朝で計3カプセル。
次は翌週の木金に服用。

強い薬なので、他の医療機関にかかる際は
必ず告げること、お薬手帳を見せること!

この薬は免疫抑制剤なので、免疫が低下して
他の病気にかかりやすくなるので注意。

強い副作用が出る事があるので、
その時は直ぐに受診すること。

結局厄介な話は、医者ではなく、
薬局のおばちゃんが全部話してくれた。



まあ、新しい展開で少しは気が晴れた。

実はゴールデンウイークを挟んで半月程、
手に一切の負荷のかからない仕事だったが
一向に痛みが改善しなかったので、
おかしいと思っていたのだ。

リウマチという新しい原因が分り、
少し納得がいった。


気持ちは晴れたが、
痛みは変わらずで、
仕事にはならないので、
連絡が来ないのをいいことに
更に2-3日休むつもりになっていました。

リウマチ薬は強い薬だそうだから、
早く効くと良いなぁと思っていたのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark

リウマチ診断迄

先週土曜日の現場で酷使したのが響いたのか
今日は、手のこわばりと、痛みがとても辛い><

この痛みでは、全く仕事にならない」と思った。

しかし、週明けの月曜日の朝に、
「今日は体調不良で休みたい」なんて
親方がキレそうなことは言えない。

あと、動けるか否かは別として、
約束した頭数だけでも足りないと
追い返される現場もあるので、
集合場所まで雨の中、自転車で出向いた。

手が酷く痛くて曲げられないので、
自転車のハンドルはしっかり握れない


ラバー付きの手袋をしてハンドルに手を置き、
ブレーキレバーに指を添えるのが精一杯だ。

今日はかなり思い切らないと
痛みでブレーキさえ握るのが辛い状態。


ソレでも遅れずに行った。


社長が倉庫に居たので、手が痛すぎて
今日は仕事になりそうもなく休みたいと、
顔色を見ながら申し出た。

休み明けに体調の不良で休むなど怠慢だとか、
職人が当欠など考えられないだとか、
散々嫌味を言われたが、休みをもらった。

休みをもらったといっても、
無給なので単に仕事が無いだけのこと。

実は、雨で入れない現場があったので、
今日は人手が余ったのだ。

「雨で休みだ」と云う前に、
私が先に休ませてくださいと言ったのは
失敗だったと思ったが、後の祭りだ。


この痛みは、私が不摂生して招いたものではなく、
毎日の業務で酷使した結果なのだし、
毎日整体院にケアしに通ってもこうなのだ。

その痛みで休むのに、不摂生してるかのような
親方の嫌味な言葉に呆れたが、性格だと諦めた。

毎日ケアしてるなんて言ってみても、
尚更火がついてなじられるだけなので、
言い返さずにおとなしく小言を聞いて
やり過ごし、帰宅した。


この人の元で、仕事は続けられん!


先週のうちに明日の火曜は休みを取っていたので
月火は連続の休みとなる。

そうそう、火曜日はなぜ休むか云わなかったので
親方の機嫌が悪かったのかもしれない。

どこかに転職面接にでも行くんだと
勘違いして居るのかもしれない。

まあ、そんなことはどうでもいい。



先月一度受診した整形外科で再受診した。
目的は、レントゲンで骨の変形を確認する為だ。

この医者、直接患部を診ることもなく、
問診票とレントゲンだけ見る奴なので、
全然信用していなし、期待もしていない。

前回より強い痛み止め薬とシップを出して
終わろうとするので、
レントゲンで状態を確認して欲しいと伝えた。

「それでは取り敢えず手だけ撮りましょう」と
云うことになり、レントゲン室に移動。

医師のオーダーは手の撮影だけだったのだが、
レントゲン技師がカルテの症状を見て、
膝も撮影するものと勘違いして、足も撮影してくれた。

結局、手と膝の画像を確認出来て、
手の指は、骨の変形は無く、画像上では
前回より関節の腫れが引いている様に見えた。

膝は、軟骨の変形は進んでいないが、
膝下の部分の骨に強いストレスが見えた
要するに、長時間歩くとか、重い物を乗っけたとか、
強い衝撃を与えたとかが、濃白色で写っていた
訳だ。

重量物を抱えての足場の昇降や、
足場からベランダや階段に飛び降りた際の衝撃が
過大な負荷となって蓄積しているのだろう。

そう言えば、今朝は自転車で、気にしなかったが、
通院時に歩いて来たら、右膝が痛み出していた。

それは多分、この骨の状態が物語っているものだろう。

さて、レントゲン画像を見て
医師の判断が少し変わったようだ。

仕事現場で酷使したということ以外に
他の原因を検討する必要を生じたらしく、
血液検査を勧めて来た。

採血して本日の診察は終わり、四千四十円。
レントゲンと血液検査で高く付いた。


血液検査の結果が出てから薬をもらうことにして
薬局はパスしてそのまま帰宅した。


少し休んでから整骨院に行き、施術を受けた。
この整骨院も既に一ヶ月半通っているが、
一向に良くなった感じがしていない。

これから、この痛みはどうなるのだろう?
レントゲンでは分からない組織破壊が進んで
そのせいで痛みが激しくなって居るのだろうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark

リウマチ診断迄

先日、仕事先の社長さんに紹介して頂いた整骨院に行ってみました。

今まで行っていた処より安くて評判いいみたいです。

予約も不用で、施術台も6台あり、先生も何人も居て活気があります。

初診では本当に詳しく話を聞いてくれたうえに、体と神経の構造や治療の概要など詳しく説明して貰い、満足度の非常に高い治療院でした。

今日は、電気治療30分と施術台で30分やってもらい、初診料千円込で千5百円でした。 次回からは1回5百円です、安いですね!


1-2回でどうにかなるものでもないので、当分の間、毎日通って見ることになりました。


夜は23時までやっているので、仕事から帰って晩飯食べてからでも通院できるところが便利です。

7千円で1ヶ月定期券が買えるそうなので、定期を買おうかとも思います。


後日談になりますが、いいコトずくめのような第1印象でしたが、若干問題もありました。

評判が良くて、流行っているのはいいのですが、更に予約の必要がないのもいいのですが、それ故に、待ち時間が長い事が度々有ります。

最長2時間待ちで、帰るまで2時間半です。

一日のうちでも、患者が集中する時間帯があり、丁度その時間帯に少し遅れると、長い待ち行列の最後に並ぶことになります。

更に、予約がない代わりに、受付の順番リストに名前を書き込んで外出することも可能なので、待合室に人が少ないと思って、直ぐにやってもらえると喜んでいると、外出から戻った人が次々に先に呼ばれて、結局2時間待ちなんてことも、良くある話。

大量の漫画文庫が用意されいるので、長編大作漫画を毎日読み続け、この待ち時間を趣味の時間として使っていました。

結局、この整骨院には、リウマチ診断が下る迄、1ヶ月半の間、土曜日以外、毎日通い続けました。

でも結局、手足の痛みが疲労性のもので無かったので、何の改善にもならなかった訳です。

かかった費用が、定期2ヶ月分で1万5千円(初診料込)
1回あたり4百円ちょっとですが、保険請求があったとしても安すぎです。
どういうカラクリになっているのかとても不思議です。

オマケに、読んだ漫画シリーズで、面白かったのが、
「CAPETA」「黄金のラフ」「ソムリエール」「岳」の4作でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark

リウマチ診断迄