リウマチの知識の記事一覧

日本ブログ村のリウマチカテゴリー
『発症理由は何かな?』って
書いていたひとがいたので、

私が、思い当たるところを、
書かせていただこうと、思います。

その方のブログでは、解らないなりに
『発症理由は、ストレスらしい』と
書いておられました。

 
発症理由が、ストレスだとすると、
それは、発症数カ月前の極度のストレス
普段のストレスでは、ないみたいです。

 
遅れの法則】というのがあり、
極度のストレスを、感じた数カ月後に
発病すると云う現象が、あります。

これは、リストラ、事故、離婚、破産、
死別、転職、出産・・・・・・

挙げたらキリがないですが、
普段軽々するようなストレスでなく、
極度の重圧を感じる事柄です。

これらの時、体は自分を守るために、
極端な交感神経優位シフトになります。

交感神経は「闘争か逃走」の神経と言われ
自分の体を消耗(破壊)しても、
その局面を乗り切ろうとします。

対になっている副交感神経は、
癒やしと回復の神経と言われ、
自分の体を休ませ、組織を修復します。

修復の為にプロスタグランジンという
発痛物質を出して、血流を促し、
組織修復をはかります。

極端なストレス状況において、
極端な交感神経シフトでは、
組織破壊が進んでいるのですが、

全く副交感神経に切り替わらないので、
プロスタグランジンも分泌されません。

 
極度のストレスをもたらしていた
事態が終息して落ち着いた頃にやっと、
副交感神経優位に切り替わります。

すると、発痛物質プロスタグランジンが
分泌され、『痛い!』と感じて、
やっと、病気に、気が付く訳です。

これが、遅れの法則です。

 
私の場合は、
商売の行き詰まりで
経済的に追い詰められ廃業してから
半年後のリウマチ診断でした。

 

 
私が更に強くリウマチの原因ではないかと
考えているのは、有害物質の影響です。

先ほどのブログの管理人さんは、
化粧品会社勤務のエスティシャンだったと
書いております。

他の人より、ずっと多くの化粧品に
日々触れていますよね。

少し詳しい方なら、各種の化粧品に
どれだけ有害なものが含まれているか、
よくご存知と思います。

この有害物質が、毎日体に取り込まれ、
自己免疫を、歪めてしまったのではと、
推測しています。

化粧品に原因があるとすると、
男性より女性に、リウマチ患者が多いのも
うなずけるのではないでしょうか?

 
私自身も、有害化学物質の影響を、
経験しています。

リウマチ発症時の職業は建築現場の職人で
毎日、シンナーや有機溶剤を使い、

材料の匂いを吸い込んだら、
頭痛がするような、

そんな仕事を続けて、
4ヶ月目の診断でした。

 

 
もともと、
ストレスにしても、
化学物質にしても、
耐性の強い人も居ます。

同じように、耐性の弱い人も居ます。

だから、同じ環境に居ても、
病気になる人、
ならない人がいます。

 
その人の弱い部分に、病気が出てくるそうです。

なので、私はリウマチでしたが、
ある人は、花粉症、喘息、ガンと、
まちまちなのでしょうね。

 
今回は、食べ物の話はしませんでしたが、
有害なものを体に入れているという点では
食品添加物や残留農薬も、厄介です。

この話は又後日にしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark

リウマチの知識

先日購入した中村司さんのホットパックと
セットで買ったリウマチ療法セミナーの
DVDを見ていて、思い出した事があります。

何を見て、何を思い出したのか、
記しておきますね。

セミナー映像の中で、
今迄蓄積した悪いものが一杯になって、
症状として出てくるのが、
リウマチであり、
アトピーであり、
花粉症であり、
ガンなのです。

溜まったものが症状として出てくる
という現象として考えれば、
これらの病気は同じものと言えます。

体質的だったり、遺伝的だったり、
その人の一番弱い処に現れたに
過ぎないのです。

この話、10年程前に東洋医学の先生から
聞いた免疫コップの話と一緒だなぁと
思って見ていました。

人間の持つ免疫力の容量をコップにたとえ、
このコップに体内に入ってきた悪い物を
受け止める。

例えがウイルスや細菌と云った外敵が
入ってきても、コップから
溢れなければ大丈夫。

普通は、代謝や排泄によりこの外敵は、
体外に排出されされるので、
コップは空になる。

しかし、一部の重金属や化学物質は
排出されにくく、コップに溜まっていく。

貯まりに貯まったモノは溢れでて、
発症するという喩え話です。

それで、今迄蓄積した悪いモノって、
食事に含まれる添加物とかかと
思っていたのですが、今回見ていて、
滅茶苦茶悪いものを最近摂っていたことを
思い出しました。


1月から働いていたシール職人の現場は
有害なものだらけでした。

シ-リングの材料、材料を洗うシンナーは、
軍手をしていても肌から吸収しますし、
呼吸で吸い込みもします。

防水系の工事ですから、全て外ですし、
雨水が流れる処を処理しますから、
放射能をはじめとする
大気中の有害物質含む埃、
PM2.5、カビ、こんなものが固まった溝を
掃除して、埃を巻き上げながら
作業していました。

オマケに毎度の休憩は缶コーヒ漬け。

最後に、慣れないことと
怒鳴られることのストレス。

これだけの悪いものが毎日体に入って
来て蓄積していたのです。

50年の人生で多くの毒を貯めこんできて、
ここ数ヶ月でドバッと一気に取り込んだのが、
発症の原因のようですね。

有機溶剤系の材料使う仕事は
体に良くないとは思いつつも、
稼がなくちゃいけないからと、
敢えて意識せずにやって来たのですが、
その結果がこれです。

先ずは溜め込んだ有害物質を
デトックスして排出するのが、
回復への第一歩です。

肝臓と腎臓を温めて、
解毒と排泄の機能をアップさせ、
十分な水分補給で代謝をアップしなくては。

後は、免疫力アップですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark

リウマチの知識

今日は木曜日なので、抗リウマチ薬
リウマトレックスを、服用する日です。

この薬は強い薬なので、
木曜朝・夕と金曜朝の週3回のみ服用と、
変則的な服用方法に、なっています。

 
西洋医学のリウマチ薬は、
残念ながら、治す為の薬ではありません!

症状を、押さえ込むだけの、薬なのです。

 
代替医療を、用いて自己治癒力で治す事を
選んだ私としては、
この薬を飲むべきか否か考えてみました。

取り敢えず、
この薬が効き始める1~2ヶ月目までは、
飲見続けてみることにしました。

 
飲み続けることにはしたのですが、
懸念する部分もあります。

それは、次の相反するアプローチが、
ぶつかり合うからです。

 
自己治癒力による治療は、
本来の自分の免疫力を取り戻し、強めて、
免疫異常によって起きている諸症状を
治癒していくものです。

それに対し、
抗リウマチ薬というのは、
自己免疫力自体を弱める事により、
自己免疫が自分を攻撃している勢いを弱め、
現れている症状を押さえ込むものなのです。

 
つまり、免疫力を強めて治す取組みの中に、
薬を飲んで免疫力を弱めるという、
矛盾を抱えながら、進む事になるのです。

 
ただ、薬の正確な仕組みや、
病気の正確な仕組みは、
素人には、よく分りません。

ですので、上述の内容が正しいか否かも
分からない訳です。

なので、取り敢えず並行して
やって進めて行くことにしました。

 
朝食後に1カプセル、夕食後に1カプセル、
そして次の朝食後に1カプセルが、
今週の服用スケジュールです。

1カプセル2mgなので、週に6mgです。

ググって調べたところでは、
週に8mgからスタートするのが、
今の一般的な使用法らしいのです。

しかし、私の主治医の処方箋では6mgと、
若干少ない量で、スタートしています。

 
同じく、ググったところでは、
強い薬なので副作用が出やすく、
副作用を抑えるのに、葉酸を摂るのを
勧めていました。

しかし、私の主治医は副作用のことも、
葉酸のことも、何も言いませんでした。

当然、葉酸の処方もありません。

主治医は、リウマチに詳しくないのか、
整形外科患者は、長期固定客になる人が
大多数なので、あまり真剣に治療しようと
考えていないのかと、心配になります。

 
病院を変えようかと、考えています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark

リウマチの知識