半身浴の記事一覧


デトックス免疫力アップの要となる
半身浴」を紹介します。

半身浴のやり方は、簡単です。


みぞおち位の湯量で、
湯温は38度から40度程度で、
20分位ゆっくり湯につかります。

 これだけ!


ざっくり云うと、
「ぬるめのお湯にゆったり浸かる」
という感じです。

自分が気持ち良ければ、
首まで浸かっても良いですね。

温度計やタイマー持ち込んで
キッチリやろうとすると、
これは交感神経優位になりますから、
逆効果です。

代わりに3つの物を持ち込みましょう。

タオル:真夏は不用ですが、
    肩が冷えないように掛けます。

重曹:入浴剤として大さじ2杯程入れると
   発汗促進します。
   私は重曹を一握り程度入れています。

   ゲルマニウム球を入れた温浴も
   いいと思います。

   ※市販の入浴剤は、
   着色芳香剤含有なので避けます。

お水:水分補給しながら半身浴します。


大切なポイントは2点です。

40度以下のぬるめのお湯であること

 汗をいっぱい出そうと40度を
 超えるお湯に浸かると、
 交感神経優位になるので、
 お湯はぬるめで行います!

猛暑日でも毎日、お湯に浸かること

 いくら暑くても、
 ホットパックを使っても、
体を芯まで温める事は出来ませんから、
 お湯に浸かって、内臓を温めましょう。

 内臓を温めて、
 腸管免疫をパワーアップします。

その他の取組み

湯船でじっと物思いに耽るのもいいですが
じっくり汗を出しつつ私がやっている事を
紹介しますね。

・手足の爪もみ
・足の指を順にグルグル回す
・丹田式呼吸法
・アファメーション
・音楽鑑賞


それぞれの内容は後程詳しく紹介します。


クールダウンについて

風呂あがりに、
汗が引かずどうしようと思っています。

そのまま着衣したのでは、
直ぐに汗でびっしょりです。

折角、温まったのに
涼風に当たって、涼むのも??


そこで、最近こんな工夫をしています。

半身浴で湯船から上がったら、
風呂場の換気扇を回して、体を洗い、
次に、歯茎マッサージしつつ歯磨きし、
風呂場でじっくりクールダウンします。

こうすると、風呂あがりの発汗が
随分と抑えられます。

以上、半身浴について紹介しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark

リウマチ治療法