リウマチの記事一覧

2日前には目に入らなかった情報が、飛び込んできた。
それでは、前回から引続き、分かった情報を列記してみる。

12:リウマチ治療で、西洋医学で目についたのは「自由が丘整形外科 」でしたが、東洋医学と言うか自然治癒力活用というか、今迄の概念と全く逆の治療方法を展開する人達を見つけた

難病治療請負人:中村司氏 
リュウマチ感謝!のグループ

基本的に、この東洋医療財団の方達は、リウマチは治る病気だという認識!
この2日間、探し求めた情報である。

13:リウマチ患者の内、1割の人は自然治癒している。

14:リウマチの本質は、関節の病気ではなく、自己免疫疾患である。

15:リウマチの症状を改善する為には、血流を良くする。
  血流を良くするには、体が嫌がるような食生活や生活習慣をやめる。

16:タイムラグ理論:リウマチ発症の数カ月前に、極度のストレスや疲労などが
          有って、ソレが発症の引き金になっている。
          私も思いあたるフシがあります。
  (例)転職後、出産後、ゴタゴタのあとや最中に発症している

17:痛みを和らげるのと、免疫力を上げるのに、
  遠赤ホットパックなどが有効、あと半身浴も有効である。

18:デトックスを心掛けた取組みが有効で、これも免疫力をアップさせる。
  サプリメントや十分な水の補給がその具体例。

不治の病と捉えていたものが、自己治癒力を活かして完治可能という
明るい情報に触れ、気分的にも復調して来ました。

この2日でわかったのは、こんなところです。

全くのパラダイムシフトです。
希望をもって治療に取り組めるというものです。

ただ、今の時点では、完治可能を唱う側の意見を見つけたに過ぎず、
情報を確認し、精神論だけでなくて、具体的な事例と理論の裏付けが
なされた上で発信されている情報なのか検証する必要がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark

リウマチの知識

業務上の手足の酷使が原因と思っていた
手指の関節の痛み、手首の痛み、膝の痛みは、
実はリウマチが、原因でした。

予想外の展開でした。

それで・・・
リウマチは完治しない病気だそうです。

そして・・・
摂取し始めた治療薬は1-2ヶ月して
やっと効果が出始めるようです。


だから・・・
少なくとも1ヶ月は痛みは続くだろうし、
何も活動出来ないことでしょう。

痛みが引いたとしても、
関節に負担のかかる事は
避けないといけないようです。

今までのように手の酷使は勿論、
重い物を持つことも出来ません。

8階まで階段での登り降りとか、
高いところから飛び降りたりも、
やっぱり、出来ません。


つまり・・・
今の仕事の継続は不可能なのです。



それで・・・
親方のところに、電話しました。


事情と経緯と仕事の継続不能を
告げると・・・・・・・・・・・!!


「分かった、解雇だ!」

「ソレでお前、給料あると思ってんのか?」

「突然、仕事出来ませんじゃ、給料ないぞ!」


「リウマチだとか、病気だとか、
 お前の事情なんかどうでもいいんだ」

「そこんとこ考えてから電話してこい!」



で、一方的に電話切られました。



リウマチは予想外だったかもしれませんが、
痛みに耐えかねて休みを取るって事は、
次は辞めますって事になる展開を
数多く経験しているのでしょうね。


これから先が無いのであれば、
現時点での未払給与36日分は
払いたくないでしょうからね。

これだから月末締め、翌月払いは
不安だったのですが、厳しものです。

4月分、5月分の労働分が支払われないと
非常に困るんですが、どうしたものでしょう(>_<)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark

リウマチと仕事



20日に受けた血液検査の結果は、
翌日の午後には判ると言われていたが、
以前からの重要な予定があったので、
一日置いての受診となった。

仕事は休むのを連絡していないが、
通常は翌日の現場のリーダーが
メンバ―に連絡しているし、
仮に予定のメンバーが集合時間に
来なければ、遅れか寝坊か休みかを
誰かが電話して確認する。

昨夜も今朝も連絡が無かったから
私の予定は組まれていなかったようだ。
(と、勝手に思い込んでいた)

後日、この連絡なしは親方のワナだと
知るのだが、この日は痛みで、
仕事の連絡など意識の外に飛んでいた。

そんなことは横に置き、
検査結果に話をもどす。

結果を効くために90分ほど待って
ようやく呼ばれた。

血液検査結果を医師は見つめ、

リウマチですね

さらりと告げた。


整形外科ではお馴染みの病名なのだ。


だが、私にとって、思いも掛けない結果だ。

リ・ウ・マ・チ って???

お婆さんの病気じゃないか?

どんな病気じゃ??


更に医者はさらりと云う。

「薬出しときますから、次は2週間後」

患者を見ずに、PCのモニターだけ見て、
カルテを打ち込んでいる。

最後に血液検査結果の紙を渡されたので、
どれがリウマチを示唆する値なのか
確かめた。

【RA:25】リウマチ因子 陽性

不思議な事にCRPは0.01(炎症反応は無い)

取り敢えず、今日は薬局で
処方された薬を買って帰った。

薬局で飲み方と注意事項を聞いた。

抗リウマチ薬リウマトレックス
薬名は抗リウマチ薬リウマトレックス

非常に強い薬で週に2日だけ服用する。
木曜の朝と夕、金曜の朝で計3カプセル。
次は翌週の木金に服用。

強い薬なので、他の医療機関にかかる際は
必ず告げること、お薬手帳を見せること!

この薬は免疫抑制剤なので、免疫が低下して
他の病気にかかりやすくなるので注意。

強い副作用が出る事があるので、
その時は直ぐに受診すること。

結局厄介な話は、医者ではなく、
薬局のおばちゃんが全部話してくれた。



まあ、新しい展開で少しは気が晴れた。

実はゴールデンウイークを挟んで半月程、
手に一切の負荷のかからない仕事だったが
一向に痛みが改善しなかったので、
おかしいと思っていたのだ。

リウマチという新しい原因が分り、
少し納得がいった。


気持ちは晴れたが、
痛みは変わらずで、
仕事にはならないので、
連絡が来ないのをいいことに
更に2-3日休むつもりになっていました。

リウマチ薬は強い薬だそうだから、
早く効くと良いなぁと思っていたのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark

リウマチ診断迄