2014年3月の記事一覧

気温の低下で違和感が!

夏の暑さに、一旦は鳴りを潜めたリウマチは、季節の変化とともに少しづつ姿を現してきました。

丁度、仕事を開始した時点を堺に、秋の気候に変わり、温度が下がり始めました。

全くの快調を維持していた関節にも、気温の低下とともに、違和感が現われました。

それでも、働き始めたばかりですから、かまっていられません。

今迄、丸一日を療養に費やしていた暮しから、お勤め中心の暮らしにシフトして、実践していた療法も出来無い日が増えました。

食事療法の取り組みは、半分程ができなくなり、砂糖とカフェインとアルコールを取らないだけで、あとの取り組みは出来ず仕舞いでした。

温熱療法も時間が短くなり、水飲みも止めちゃいました。

そんな中、なんとか体調を維持し、痛みの再発を抑えることが出来たのは、アロマケア療法のお陰です。

本来ならば、背中に施術するアロマタッチテクニックですが、毎日自分で行うために、足裏と掌で実施しました。

足の裏の毛穴は大きいので、吸収が良いのと、足裏に「反射区」というツボの様なものがあり、エッセンシャルオイルが作用しやすいと聴いて、実践していました。

毎晩寝る前に自分で手軽に出来るアロマタッチのお陰で、仕事が続けられたと言っていいでしょう。

冬になり、違和感が増してきても、ホットパックの温熱と、足裏アロマで、翌朝には復調し、仕事に行けました。

アロマの匂いが仕事場で問題に!

ところが、2月の大雪の頃、仕事場で責任者から指摘を受けてしまいました。

食品関係の仕事柄、コロンなどの匂いは付けないように言われて採用されたのですが、何か匂いをつけている事を指摘されたのです。

寝る前の足の裏のアロマが、日中まで臭うとは考えてなかったので、指摘されて、戸惑ってしまいました。

指摘されては、継続するわけにいかず、就寝前でなく、帰宅後足裏アロマタッチをし、30分以上置いてから風呂に入って洗い流す事にしました。

30分もあれば、エッセンシャルオイルの成分は体内に取り込まれるので、その後3-4時間で作用するはずです。

洗い流してしまう分は、サプリメントで補うことにしました。

豆乳ヨーグルトを作り始めました

あと、極最近の取り組みなのですが、乳酸菌が免疫力を上げ花粉症対策に効果を挙げると聴いて、自家製ヨーグルト造りを始めました。

一口に乳酸菌と言っても、種類が多いらしく、その種類によって、増強する免疫の効果が異なるのです。

先ずは、春先の花粉症対策で、小岩井とキリンの開発したプラズマ乳酸菌をメインに、ヨーグルトを作っています。

リウマチの自己免疫正常化には、明治のR1と云う乳酸菌が効果的都のことなので、花粉症対策が功を奏したら、R1に切り替える予定です。

なお、牛乳は体に良くないので、成分無調整の豆乳でヨーグルトを作っています。

出来上がりの匂いは、ヨーグルトと豆腐の両方の匂いがしますね。

味は、プレーンヨーグルトなので、そのままではあまり美味しいとはいえませんので、色々トッピングを試しているところです。

豆乳ヨーグルトに関しては、また後日、レポートします。


とにかく、何とかリウマチを抑えて冬を越せて、一安心です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark

エッセンシャルオイル, リウマチと仕事