2013年10月の記事一覧

病気の治療に「歯茎のマッサージ」って
何か不思議ですね。

でも、これにはリウマチという
自己免疫疾患ゆえの理由が、あるのです。

先月、統合医療から見るリウマチ治療の
セミナーで、加藤直哉先生が
話されていた中で紹介されていて、
それ以降実践しています。


その時の講演内容を要約すると
次ような内容になります。


免疫の誤動作を誘発する一因に、
慢性的に長期間継続する炎症が
あげられます。

炎症とは、人体に危険な異物を
察知した時、体が起こす排除反応です。

免疫機能が働いている事を意味します。

上手く働いた結果、本当なら炎症は
沈静化するはずです。


しかし、炎症が沈静化しないと、
免疫機能は、更に継続して働き続けます。

そして、更に長期化すると、
そこに本当に排除すべき異物があるか、
排除するべき異物がソレなのか、
良く分らなくなることがあります。


このように、継続した炎症は、

免疫の誤動作を誘発する事があるのです。


そして、人体には大きな炎症ではないが、
持続的に炎症が起きやすい場所が
いくつかあるそうです。

例えば、歯周病です。
他には、上咽頭のBスポットの
炎症
もあります。


歯周病は50代で85%の人が
掛かっているという程、
多くの人が罹患している病気で、
歯肉炎、歯周炎を伴います。

この慢性炎症が免疫システムのエラーの
原因に成ることもあるので、
これを退治する意味で、
歯茎のマッサージを勧められました。

免疫エラーの発生原因を
ひとつ消し去るのが、主な目的です。


具体的な行動としては、
歯磨き後に塩をつけた指で
マッサージ
しています。※1


Bスポットについても触れておきましょう。

Bスポットの炎症も割りと
ありふれたものですが、
継続的に炎症が消えない人が
結構多いようなのです。

鼻の奥、のどちんこの上後ろの部分で、
通常の診察では見えない所
なので、
見つけられない事が多いようです。※2

このような時も、
免疫のエラーが発生しやすくなります。

こちらは、塩水による鼻うがい
すると良いそうです。

私は今のところ、やっていません。


今回は、慢性炎症を沈めて、
免疫の正常化を期待する
治療法
の紹介でした。

※1:
歯周病について調べて見ると、
塩でマッサージしたくらいでは
歯周病予防にはなっても、
歯周病治療にはならないようです。

歯周病治療は軽度でも、歯周ポケットの
歯石を除去する必要があります。
自分では出来ません。

なので、取り敢えず、歯周ポケット回り迄
入念にブラッシングする様にしています。

※2:
Bスポットの慢性炎症は、頭痛、肩こり、
心身症やうつ病、自律神経失調症の原因と
なっていることもあるそうです。

もし、とても調子が悪いが幾ら検査しても
悪いところが見つからないという方は、
一度ここを診て貰うと良いかも知れません。

10年も昔の事ですが20代の部下が、
まさしく上記の状態で原因不明で半年も
休職していた事が、ありました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark

リウマチ治療法

ごちゃごちゃと汚い部屋では
、気分もスッキリしないですし、
淀んだ空気では邪気がこもりがちです。

5時には早起きして、換気してから、
一日の活動を、開始します。

気分に合わせたアロマをディフューズして
リラックスして副交感神経優位の生活
送るようにしています。

この項目は、リストアップしましたが、
あまり意味のある項目になりませんでしたね ^^;

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark

リウマチ治療法

前項では、
食事の改善に関して紹介しましたので、
ここでは日用品の変更に因り
有害化学物質を遠ざけていくことに関し、
紹介していきます。

近年よく目にする情報で、経皮吸収
経皮毒
と云う言葉があります。

経皮吸収に関しては、先日来何度か
お話しているエッセンシャルオイルの
皮膚塗布も、この現象を使っています。

女性が化粧水を使ったりするのも
経皮吸収で、肌に入れてるわけですね。

この経皮吸収により体に悪いものが
吸収されることを、経皮毒と云います。


経皮毒でよく挙げられるのが、
シャンプー、歯磨き、制汗剤です。

私自身も一昔前は、非常に気を使って、
少し高額ですが、体に良いといわれる
ブランドのものを、使っていました。

しかし、ここ数年は、
熱が冷めたと言いますか、
全く気を使っていませんでした。

近年、こうした製品に付けてある
良い香りが特に強くなって、
体に悪そうだとは、思っていましたが、
そのまま使っていました。

衣類に良い香りが、いつまでも残る
柔軟剤などは、本当に体に悪そうです。


そこで、これらの身の回りの品を
変えて見ることにしました。

以下が変えたものです。

・歯磨き=>塩
・シャンプー=>固形の石鹸
・ボディーシャンプー=>固形の石鹸
・入浴剤=>重曹
・柔軟剤=>あまり香りのしないもの


元々、整髪料や制汗剤は使ってないので、
こんなところです。

私の場合、リウマチと診断されるまで
就いた仕事が、有機溶剤漬けの仕事で、
呼吸で吸収し、皮膚から吸収して、
極悪化学物質がタップリと
蓄積しているのだと思います。

なんせ、毎日シンナーで手を
洗って居るような仕事でしたから、
この仕事から離れたのが、
一番の改善点かも、知れませんね ^^;


女性は、毎日お化粧や肌のお手入れで、
多くの製品を肌に直接つけています。

香り系の製品、制汗剤、毛染め、
ネイルもありますね。

日用品は表面的な効果や使い心地で
ついつい選択しがちですが、
健康を害する成分が含まれていないかにも
注意する必要が、あると思います。


体に蓄積された有害なものが、
免疫機能やホルモンバランスを崩して
病気の一因となっていることもあるようです。



お気をつけあれ!


以下、参考資料です。

【送料無料】経皮毒 [ 竹内久米司 ]

【送料無料】経皮毒 [ 竹内久米司 ]
価格:1,365円(税込、送料込)


このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark

リウマチ治療法