先日購入した中村司さんのホットパックと
セットで買ったリウマチ療法セミナーの
DVDを見ていて、思い出した事があります。

何を見て、何を思い出したのか、
記しておきますね。

セミナー映像の中で、
今迄蓄積した悪いものが一杯になって、
症状として出てくるのが、
リウマチであり、
アトピーであり、
花粉症であり、
ガンなのです。

溜まったものが症状として出てくる
という現象として考えれば、
これらの病気は同じものと言えます。

体質的だったり、遺伝的だったり、
その人の一番弱い処に現れたに
過ぎないのです。

この話、10年程前に東洋医学の先生から
聞いた免疫コップの話と一緒だなぁと
思って見ていました。

人間の持つ免疫力の容量をコップにたとえ、
このコップに体内に入ってきた悪い物を
受け止める。

例えがウイルスや細菌と云った外敵が
入ってきても、コップから
溢れなければ大丈夫。

普通は、代謝や排泄によりこの外敵は、
体外に排出されされるので、
コップは空になる。

しかし、一部の重金属や化学物質は
排出されにくく、コップに溜まっていく。

貯まりに貯まったモノは溢れでて、
発症するという喩え話です。

それで、今迄蓄積した悪いモノって、
食事に含まれる添加物とかかと
思っていたのですが、今回見ていて、
滅茶苦茶悪いものを最近摂っていたことを
思い出しました。


1月から働いていたシール職人の現場は
有害なものだらけでした。

シ-リングの材料、材料を洗うシンナーは、
軍手をしていても肌から吸収しますし、
呼吸で吸い込みもします。

防水系の工事ですから、全て外ですし、
雨水が流れる処を処理しますから、
放射能をはじめとする
大気中の有害物質含む埃、
PM2.5、カビ、こんなものが固まった溝を
掃除して、埃を巻き上げながら
作業していました。

オマケに毎度の休憩は缶コーヒ漬け。

最後に、慣れないことと
怒鳴られることのストレス。

これだけの悪いものが毎日体に入って
来て蓄積していたのです。

50年の人生で多くの毒を貯めこんできて、
ここ数ヶ月でドバッと一気に取り込んだのが、
発症の原因のようですね。

有機溶剤系の材料使う仕事は
体に良くないとは思いつつも、
稼がなくちゃいけないからと、
敢えて意識せずにやって来たのですが、
その結果がこれです。

先ずは溜め込んだ有害物質を
デトックスして排出するのが、
回復への第一歩です。

肝臓と腎臓を温めて、
解毒と排泄の機能をアップさせ、
十分な水分補給で代謝をアップしなくては。

後は、免疫力アップですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark